記事一覧

オマージュウォッチの存在は悪ではない

これがなかったら、今の私はなかっただろう。

私はオンラインの賞品付きコンテストの類にはほとんど当選したことがない。もう、わざわざ応募することもない。しかし10年前の2012年、人生で一度だけ当たったことがある。そのときの賞品が時計だった。フロリダに拠点を置くマイクロブランド、Ocean7が自社のLM-7というモデルを賞品提供していて、運よく私が選ばれたのだった。

私は有頂天になった。無料の時計に興奮しない人はいないだろう。

オメガ スピードマスターコピー ムーンウォッチ プロフェッショナル マスタークロノメーター 310.30.42.50.01.001

詳細情報
カテゴリ:オメガ スピードマスター(新品)
型番:310.30.42.50.01.001
機械:手巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ブレス
タイプ:メンズ
カラー:ブラック
外装特徴:タキメーターベゼル
ケースサイズ:42.0mm
防水性能【公称】:5気圧
機能:クロノグラフ、耐磁
付属品:内箱、外箱、ギャランティー

陽極酸化処理が施されたアルミニウム製ベゼルリングには、実際に月面で着用された4thモデルのリングデザインに倣い、「ドットオーバー90」のデザインが採用されています。
こちらの【310.30.42.50.01.001】は、表側に強化プラスチック風防、裏蓋にはシーホースのメダリオンがエングレービングされたステンレスバックを採用。
ムーブメントには、METAS認定のマスタークロノメーターのキャリバー3861を搭載。

この時計を手にしたとき私は24歳、バンコクに住んでいて、WPPの広告代理店のネットワークでジュニアコピーライターとして働いていた。当時は労働許可証を持っていなかったので、仕事があるだけでも幸運だった。数週間ごとに出国して、また30日ほど滞在してをことを繰り返す。エアアジアのウェブサイトをチェックしてできるだけ安いフライトを探し、どんな格安ホステルでもよかった。ラオスのビエンチャンで一泊2ドルくらいで泊まったことがあるが、なかなかだったよ!  当時はテントでもそれ以上の値段だったと思う。

この時期、私の時計への情熱は所有や入手ではなく、ウィンドウショッピングやできる限りの時計メディアを見ることで、すでに持っているものを楽しむことを学んだ。

ただひとつ、小さな問題があった。LM-7は、私が本当に愛してやまない時計、オメガ プロプロフの複製に過ぎなかったのだ。 私は今でもプロプロフに引かれ、2020年には何十人もの専門家に話を聞き、5000ワードの記事「オメガ プロプロフの真実を究明する」を書き、これまでにオークションに出品されたすべてのプロプロフのカタログまで作成したほどだ。この時計に深くハマったのだ。


【関連記事】:http://copyshop888.e-monsite.com/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー